ガンスリおわった

読んでない人は一巻だけ読めば多分どういうのかわかるのでそれで

----

一時期精神的にやべー時期にかなりお世話になった本なので、色々複雑な気分です。ただとりあえず「妙薬で一期生が生き続けた」ということもなく予定通り死んでいって、引き際も納得の行くところだったのかなぁ、と思いました。

ちょっと不満なのは、最後、ヘンリエッタではなくてトリエラが一期の主キャラみたいになってるところですかね。そりゃぁ前半で話してた設定から、エンディングでこういう展開を持ってこれるのはトリエラしかいないんだけど、なんかこう、エッタちゃん残念!

確かに後半はトリエラの方が展開多かったもの。この最期ならエッタちゃんは一巻で既に思い遂げてますって言ってよくないか?めぐりめぐってエルザ編に帰ってくるのは、自然だとしても進化ねぇなぁこの組……。

地味にド安定のリコが安定していて安定していたと思います。ていうか前回の展開が意外すぎてむせた。最期もざっくり「死んだ」って書いてあるだけだし、安定の二番手。ヘンリエッタと(オルゴールか何かぶっこわして)喧嘩したとかいう時代が懐かしい。

そう、後半そういう些細な話が一切なくなっていた。何かいつの間にか妙に大人になってるよね、一期生。二期生に青春取られてるから、一期生は幼児期と老年期の二過程しか描くところがない、とかそういう身も蓋もない感じで構成されているような。このぅバレエ娘め

読むたびにがっくり来る物語があったらまた教えてください。なかなかぴったり来るものはない気がするけど。

このブログの人気の投稿

WiiUのコントローラが通信不良に陥った話

LibreOfficeで表紙、目次、本体でフッターのページ番号のスタイルを変える

技術書典2 あ-03 『もわねっとのPythonの本』