投稿

2017の投稿を表示しています

技術書の装丁

ある技術書をネットでポチった。出版社自体はそこそこ有名ドコロ。

届いた本は、今流のオンデマンド印刷をベースにした装丁が簡素なもの。このこと自体はポチる前から分かっていて、むしろ、その出版社が推し進めている新たなラインナップみたいなもんの1つになってることが買う前に確認できていた。で、「まぁ少し品質下がるくらいだろ」みたいな気持ちで、正直あまり気にしなかった。甘かった。

実際のところ、同じラインナップで以前買った本は、本の体裁こそ雑だけど、本として全然問題なく読めたし、情報源としては貴重だった。プログラムの本というよりは技術トレンドの本だったというのもあるんだろうけど、良著と言ってよかった。

ところが今回は事情が違った。ポチった技術書を開いて絶句。内容以前に「これはダメだな」と一瞬で脳が判定してしまい、肝心の中身を確認する以前に、そもそも本を開き続ける気力からして消え去ってしまった。

先日「技術書典2」を運営として手伝った&サークルとして出展したりしたけれど、そういうところでサークル(つまり個人)がひねり出してくる同人誌のほうが、本の厚さはともかく「愛」があったし、しかも装丁もまともだった。別に表紙に箔押ししろって言ってるんじゃないのさ。単にちゃんと読めるもので面白ければいいわけ。

で、問題の本の話。技術書籍として内容が良ければ良いのだろ、というのはもちろんある。ただ、一見してソースコードがとても読み辛いというプログラム関連の本としては大変に厳しい問題があって、一人の読み手の判断としては「最低ライン」を下回っているのだった。ぱっと開いてウェってなるものをなんで出してくる……

本文が読みやすいか読みにくいかというのには、当然主観が混じる。今回も大いに混じっている。ただあえて言うなら、これまで「出版社」から出てきた本で見たことのないようなものに、自分には思えた。

商業書籍の「匂い」を期待して本を開いたら、ワードを使って上下左右マージンをめちゃくちゃにして大した意図もなくフォントサイズとフォントを標準から変えてベタベタベタって書き付けたレポート本文がドーン。そんな感じ。

もう一度本を開けば、多分こんな負の感情も少しは落ち着くんだろうけど、どうにも「手抜きでも買うんですよね、あなたら」感がすごくて、自分が本から受け取った負のオーラみたいなものを、吐き出さずにいられなくなって…

技術季報 vol.1

技術季報 vol.1

こちらは運営側として宣伝します。

いわゆる「カタログ」に相当するパートもあるんですが、個人的にはそれ以外の各種の「企画」に力が入っているところに注目頂きたいところ。

単なるカタログとしてだけでなく、独立した1冊の書籍として、是非手にとって見て欲しいです。サークルさんの寄稿部分もありまして、従来の意味での「同人即売会のカタログ」とは一線を画しています。

いや、これ、なんか色々すごいんだよ。

技術書典2 あ-03 『もわねっとのPythonの本』

イメージ
『もわねっとのPythonの本』
30p弱の薄い本。会場での販売予定価格は600円です。
エモい言い方をすれば「Pythonを学び始めた当時の私が欲しかった本」を目指しました。

先日、角川アスキー総研のご協力でPython講座を担当させていただきまして、おかげさまで大変な盛況でした。次回についてのお話も前向きに検討いただいているようです。ご興味の方いらっしゃいましたら、一言いただければ開催のご案内くらいまでは出来ると思います。

講座にご参加頂いた方の顔ぶれも幅広く、個別にお話を伺った限りでも、プログラミング入門者から日々データサイエンスに勤しんでいるような方までいらっしゃったようです。Pythonという言語がより広い分野でプログラミングの入り口になってきたことを感じます。

ところで「Pythonは直感的なプログラミング言語」などと紹介される一方、落とし穴も、もちろんあります。それも、なまじ「直感的」っぽいもんだから、ハマると「アルェー?」というのが。言ってみればPythonの特徴みたいなもん。

Pythonを「新しい言語」と勘違いしている方もいらっしゃるんですが、結構歴史がある言語です。Pythonで新しいのは「Deep Learning」みたいな今まさに発展途上の応用分野とそのライブラリであって、Pythonそのものではないです。むしろ、プログラミング言語として歴史があって人気もあり、科学者等のコミュニティからのサポートも含めて足場がしっかりしているからこその今のブームなんじゃないかとも思うわけです。

で、歴史がある言語ってのは大抵、歴史的経緯があってそれに伴う「罠」もあるものです。知ってる人からすると経緯が分かるからする〜っと抜けちゃうところ、初学者とか他の言語から入った人だと「なんだよそれ」みたいな挙動があるのは確かです。

一方、Python入門書では「Pythonらしい特徴」はすっ飛ばされることもあり、プログラミング入門者だけでなく他のプログラミング言語経験者でも、使いはじめてから「あれ?」と思うこともしばしばではないかなと思います。

最初にPythonを学び始めた頃のことを全部覚えているわけでもないのですが、Java言語の本で「OOPって、こういうもの」みたいなドグマティックな説教を読んだあとにPythonのカプセル化しない感じの挙動をみて「??」とか…

Civ6

長いことやりたくてやってなかったので少しやってみた。難易度はまだ「王子」(ハンデ・逆ハンデなし)

いわゆる「制覇勝利」だとつまらんかなーと思って科学とか文化もやってみるが、極論すると「科学でぶっちぎって素直に殴る」やれば他の勝利もついてくるんじゃね、みたいな気持ち。非暴力宗教とか意図すると今度は無駄に辛い。難易度を上げようと思ったところで時間切れ。おしまいまたね。




マリオラン個人的まとめ

イメージ
とりあえずの目標として以下を設定した。 コインをすべて取るケーキを取る (キノピオ = 2000:1000:1000:500:500) で、昨年(2016)末に達成した。

※ 1.1でキノピオの取得難易度などに調整が入ったとのこと (2017年1月31日)。この記事はそれよりも前に書かれているので参考程度に。
ワールドツアー
ワールドツアーのコイン取得については、一つずつとり方を確認しながらやっていくだけ。先にやっておくとキノピオラリーの安定度は上がる。はてなブロックやボーナスステージの家を王国に配置してそれなりの頻度で使っておけばキノピオラリーのチケット不足になることはほぼないので「ワールドラリー → キノピオラリー」と順番にやりこんでも不都合はあまりない。強いて言えば、飽きる。
キノピオラリー
自分の場合、ブラックコイン取得時点では(確か)次のような状態だった。

ここからキノピオラリーの「ケーキ取得」を目標にした。赤:青:緑:紫:黃 = 2000:1000:1000:500:500 獲得すれば良い。ピーチ城の完成には総数4000人いれば良いので、この過程でこちらは勝手に達成できる。
各ステージを一通り試した後、人数の比率で赤:青:緑:紫:黄=4:2:2:1:1の状態に持っていき、後半「平野」「クッパ城」「空中戦艦」に集中することにした。「平野」は赤キノピオ、「クッパ城」は赤、青、緑、「空中戦艦」は全色を取得するのに使う。比率を固定にしたのは、ピノキオ数の管理を楽にするためと、嫌いなステージをやる手間を避けるため。全部まんべんなくやっても結果としてケーキは手に入るが、回り道になる。
#ステージ名称の正式名称が良くわからないのでここでは勝手に名前を付けた。「平野」「洞窟」「おばけ屋敷」「空」「砂漠」「クッパ城」「空中戦艦」と呼ぶ。
キノピオラリー全体の傾向として「スターが強すぎ」という問題があると思う。固定のスターが取れるかどうかで勝敗が決まるのも辛いが、むしろ、ランダムにアイテムを得られるブロックでスターが出るかどうかで勝敗が決まるケースのほうが気持ち的に辛い。後者は運以外の何物でもなく、一度相手にやられるとこちらが少々うまい程度では劣勢をひっくり返せない。
スター以外では運要素はあまりない気がするが、自分のスキルに比して不相応に相手が上手いケースもあり、これもこれ…

2016年末

○ みんなみんな英雄

なるほどAU
こういうのは紅白見ていて良いなぁと思う。
○ 48とジャ
「多すぎだねー」と思う2大巨塔。そんなにいなくても良いと思う。
○ PPAP
「注目浴びる舞台で堂々としていられるだけでもすごい」というコメントを聞いてなるほどと思った。武田アナを動かしたのも功績だ。
○ シンゴジラ@紅白
むしろヤシマ作戦の曲が紅白に使われたことにウケた。良く色々引受けてくれたな周囲の人……w
○ 恋ダンス と 愛の賛歌
どっちかに投票しろと言われましても……
紅白の「歌合戦」というフォーマットに疑問を感じた。
○ 星野源
バックダンサーと振り付け合わせる瞬間がピタッと合いすぎててスゲェと思った……ってそこ見てる人あんまりいないか。
○ 結果

「恋ダンス と 愛の賛歌」と同じで、なんでやってんだろ、という気持ち。惰性。

○ 君は薔薇より美しい (山崎育三郎)
上手いなぁと思って勢いでアルバム買ってしまった。しかしアルバムだとあまりオーラがなかった。
○ ダッタン人の踊り
お、おう