投稿

10月, 2015の投稿を表示しています

マルウェア

実家に帰った折に父親のPCの面倒を見るはめになった。

使っていたのはWindows8 + IE11。症状としては、ほぼ全てのWebページで、ページを開くたびにマルウェア由来のポップアップウィンドウが出るというものだった。ポップアップを閉じようとすると日本語が怪しいアラートダイアログが出る上、自然な日本語音声でウィルスに感染してるのどうのという警告音声まで流してくるウザさだ。

症状としては出てくるポップアップはこのTweetの表示がドンピシャで同じで、音声的にはこのブログ記事の内容が症状としてぴったりである。

全体的に明らかにマルウェアであるものの、例えばポップアップ単体を見ると昨今のウザいニュースサイトと大差がない。Wikipedia等でも出てくるため、今回は流石にマルウェアの仕業だと自分は判断出来たが、昨今の状況を理解していないと「ウザいサイトが増えた」程度に考える可能性はあるかもしれない。事実、マルウェアが介在しなくても見ている時点でウザいサイトは多い。面白いことに、Googleの検索結果ページにはこのポップアップは出てこない。

より恐ろしいのは、判断するにも検索することになり、そのPCの内で調べる限りどの情報が正しいかがいつまでも確信が持てないところだと思った。その他の日本語テキストが外国製で概ね不自然な翻訳になっているなかで、上の警告音声は妙に流暢な日本語で流れてくる。日本の電話番号までちゃんとだす。OS由来と勘違いして信用してしまっても不思議ではない。

削除方法については更に確信が持てない。

問題のPCには、ある有名な有料ウイルスチェックソフトがインストール済だったのだが、このマルウェアをそのソフトは検出しなかった。問題はIEアドオンなどではなくネイティブのアプリケーションが背後で起動していたことで、Program Files配下に自動起動するバイナリが置いてあった。だが、ウィルスチェックソフトは「フルスキャン」しても当該のバイナリについてはスルーした。マルウェアを検出できないケースが今では良くあるとは聞いているが、露骨に検出されないのを目にするとやはり微妙にショックだ。

怪しそうなアドオンを削除・無効しても同じ問題が発生し続けたため、タスクマネージャーから起動しているプロセスで怪しいものを探していたところ、運良くmwiynzm4ndy1yjz.exe …

将棋ウォーズに併せて将棋雑感

自分でも何故かわからないのだけど、少しやってる。気軽に対人対戦遊べるということで(・∀・)イイ!!と思う。
http://shogiwars.heroz.jp/users/dmiyakawa?game=dmiyakawa-boatpoor-20151001_205546

プレミアム買わないと一日3回。流石にこのルールで1日3回だと何やってるのか分からないのでプレミアムは購入した。1ヶ月600円プレイし放題。ゲーセンを思うと高いとは思わない

30級から級を上げていく流れは流石に手作業でめんどい。概ね現在の4級まで1週間弱くらいかかってる。ここから先、級が上がるかはちょっと疑問だが、それなりにちゃんと対人対戦感があるので満足。たまに機械っぽい?

制限時間「10分」でやってる。10分といっても、NHKの将棋番組とは違って、切れると30秒秒読みではなく「負け」になる。自分の頭は全く将棋脳になってなくて、この時間制限がとにかく辛い。ゆっくり読めば勝てそうな試合で負けるとか、時間配分間違えて負けるとかそういうのが山程発生する。

ちなみに「3分」というのもあって、これは一瞬で差さないと時間が切れる。流石に「3分」は自分には全然無理。「毎回10秒」は全く試してない。はやすぎるだろ……

iPhone6S Plusで試す限りだと、たまーにタッチ間違えて指し間違えで負けたりもする。まぁ二歩チェックしてくれるんだからそんくらいは許すよ(弱

んじゃ自分の棋力実際どんくらいだろうと思うんだけど、行って3〜4級なんじゃないかみたいな雰囲気。それは将棋ウォーズの値というか普通にそんくらいなんじゃないかなぁ。もうちょっとやってみて判断するけど……

ちゃんと鍛えるにはもう少し別の練習が要るんだろうなぁという気はする。流石にちょっと早過ぎない……?