2013-01-25 (金) の出来事

朝ランについては引き続き考える必要がある。……走ってないんですけどね!うぐぅ!ちくしょう!

簿記2級。いつもテンポを整えるタイミングで別件が入って進行遅し。

一段落ついたからなのか平常時の出力に戻る感じがせず。しょうがないのでとりあえず日米両方でやることになりかねない確定申告の話で税務署に相談に行った。少々面白いと思ったのは、そういう事情は近くの本郷の税務署ではなく大使館がある麻布の方がノウハウ等があるので多少はましなんじゃねーかという話。そのようなことは自分では思い至りませぬ!

とはいえ今日何か具体的に作業を行うということはなく普通に帰り、仕事の雑用面を何かやろうかなーと着手……

あかんミスったー orz

ただの小規模リファクタリングのつもりだったのだが、その過程で別の気になった部分を変更したのが災いし、そのまま芋づる式にヒエラルキの変更に話が雪崩れ込んだ。そして、仕事の一部をなしているコンポーネントの基本的な前提・枠組みが崩壊した。結局、変更は関係する「全ての」ファイルに及び、そして派生して起きるバグの所在が通信する他コンポーネントにまで波及し、カオス。ああ、カオス。

全部といっても作業しているエリアは全くぶったぎれて複数になっていて、今回やっちまったーのはそのうちの一つでしか無い。せいぜいトータルで10ファイルとかそこらでしかもどれも100行ねーし、触る人が私しかいないのでなんとかなるはなるんだけど、あるところはEclipseのリファクタリング機能で勝手に変更されてるけどある部分はxmlの定数でそれが反映されておらず、そしてリファクタリング時に具体的実装をbaseに落としたらおおうそこのリファクタリング先は今から実装する具体的なクラスの方をポイントしてほしいんだよぅ、とか色々暴走。全てがただの一回のコミットも経ず行われ、カオス。ああ、カオス。

教訓は単純で「変更は一回ずつしましょう」というだけのこと。一人でやってるときほどこういう「ついで」による破壊が起こる気もするけど、小規模プロジェクトだからという理由もあって関係箇所が全とっかえになってうぼぁーという気分になった。何よりそんな基本的なミスはしてはいけないのだ。それでも全部把握出来てるから良いものの……

さてそういう話は置いておき。

夕飯中、雑談でなんとなく自分が全体的に焦ってるなぁなんていう感じの話に会話が及び、まぁ確かにそうだなぁ特に結婚がどうとかは顕著だよなぁとか思っていたのだが、理由が自分でもそれほどはっきり分かるわけでもないのでお茶を濁す感じに。

他の人が焦る理由と自分がそういう風に見える理由が何か違う気はするんだよねぇ。なんだろう。何か、抜けている。なんだろう。根本的に、私がなんでそういう風になってるのか、私も含めて理解しようがないような、根本的なズレを感じる。その水が入ってるコップを取って、ああ、私が欲しいのは水でもコップでもないの、この黒い海苔を焼ききるためのレンズの代わりなの、みたいな、そういうズレた方向性で焦っている。

一つ仮説としてあったのは、結局形式という面もあれ会社員ではなくなったことで、人生設計に取り組みなおす段階での副作用で、そうなってんじゃねーの、という話。これは超適当に挙げた可能性なんだけど、あるかなぁと思った。確かにここ数ヶ月、実務的に考えることは、大体「で、生きる上で次に何が有効かしら?」という路線に乗せることが多く、だから必須結婚とかは意識しなければならなくなる。

以前そういう話を考えなかったのかという点について言えば、前職の段階だと、生活上のある種の恵まれ方が、自分の実際的な考えを行う部分ではやや悪く作用している面というのはあったのかもしらんとは思う。そこそこ大きい企業で安定している状態だと、直近で迫り来る問題の種類は自分で決定をより多く下す必要のある現在の環境とはやや異なり、個人的な印象では、前者は量も少し少ない。で、自分自身で問題提起をするという意識が薄いと、のんびりしてしまう、というのはある。もちろん、そこで問題提起するだけの気概がないというのは私自身の問題で、外部環境を変えただけでそこが変化し始めてしまうのも、翻って考えれば、自分の意志力の弱さなのだけど。ま、地上にいてもプールに行って泳ぐ練習する気にならんから船から突き落としてよってお願いして突き落とされましたみたいなのでも泳げりゃいいんだよ。

サメがいましたー

このブログの人気の投稿

WiiUのコントローラが通信不良に陥った話

LibreOfficeで表紙、目次、本体でフッターのページ番号のスタイルを変える

技術書典2 あ-03 『もわねっとのPythonの本』