2013-01-11 (金) 〜 2013-01-13 (日) の出来事

○ 2013-01-11 (金)

朝ランなし。

簿記2級あり。商業簿記の銀行勘定調整表の練習問題。

ミーティングとその準備、事後作業でほぼ一日が潰れる。有意義なミーティングだったのだが、このあと先方の参加者にインフルエンザ罹患者がいたことが発覚している

横浜のもぐやで飲む。割と技術よりというかそういう飲みである。まぁ最近話題をさらっている某なにがしの開発者の話とかが聞けるのは重要なんである。ところで話題を追ってない私は死ぬが良い

業界の変遷期というのもあって知り合いの会社がヤバいというケースがたまにある。そういうときにどういう顔をすればいいかわからないの(・∀・)

○ 2013-01-12 (土)

ダークソウルやった。後述する

仕事もそこそこ夕方からまた別の横浜の某氏宅飲みに行く。蟹鍋だそうである。

ついでなのでディプロマシーを買ってみる。ただ、今回はやってない。

さてこの飲み会。個人的にはここ数ヶ月で最も怪しいテンション飲みになっていた。学生のノリ、という表現は半分正しいのだけど、いる人も年齢が年齢なので、そういうテンションになったときの各種の発言の質は、学生よりぶっちゃけ危険性が高い。そして相手も容赦がない

とある男氏「もわもわさんイケメンですし」
もわ「(゚Д゚)ハァ?」

この人生でイケメンカテゴリに世辞でも入れられたのはこれが初めてであり、冗談であっても悲しい(なんだそれ

会話全体からあふれる「こいつウゼェw」感に負けず攻めつづけるのも大変である。何が一番大変かって終電逃した結果翌日寝不足だったことなんだけど。

で、一連の会話のやり取りを総合して自分なりに解釈すると、大体こういうことが実は自分は問題なのだということが分かってきた

  • 理屈っぽい発言というよりは理屈っぽく聞こえる発言が問題
  • あるポイントから発言が許容度を圧倒的にオーバーするくらいあけすけになるらしい (中間がない)
わけがわからねーとおもうが


○ 2013-01-13 (日)

上記宅飲みのお宅に泊めてもらい始発近くで帰る。で、少し寝る。

起きてごにょごにょして知り合いの展覧会(展示会?個展?正式名称がわからん) http://www.as-antiques-gallery.com/exhibition/ に行くことに。代官山って案外遠い……

途中で渋谷に降りて旧勤め先の旧オフィス近くにあるとあるちゃんぽん屋 (多分リンガーハット)へいく。ついでにその近くの本屋で何か眺めた。

さて上記の展覧会(仮)に行く。そしてドーナッツを手に入れた

わけがわからねーとおもうが

展示数は多分スペースに対して多め。私は旅行先で有名な美術館とかに行くことはあるのだけど個展とかそういう類のイベントにはあまり行かないのでそういう意味で新鮮。

当然今ダークソウルやってるせいなのだが


どうみてもカタリナヘルムです本当にありがとうございました

で、直に家に帰ろうと思いつつ丸ノ内線に乗っていたのだが、眠いせいなのか体調が微妙なせいなのか盛り上がっているせいなのか、計画していたベアボーンの自作計画を実行する気分になり、淡路町で降りてトコトコと秋葉原へ。

そしてWhite Album 2 PS3版を買った。おお勇者よ

ついでにバイオハザード6も買った。やるのか?

でもこれ、元のPC版にしてもパッケージ二個分なんだよね。やる暇あるのかしら。でもやらなかったら白盤ファンじゃないよねっ

# ファンなのは1の方

で、土曜日にベアボーンの見積り書はドスパラで作っておいたのでそれをそのまま購入する。ちなみに書いてる時点 (2013-01-14) でも組んでないんだけど。

帰って、そしてダークソウルをやって寝る。いやしかしやるものが多いぞ


[ダークソウル]

ダウンロードコンテンツの世界に入れた。

……冒頭からボスかYO!

オレは新しいマップが見たいんだYO!

でもとりあえず死につつ倒した。

1キャラ目が愚直に剣 (ロングソードあたり) と弓という「戦士」な運用で、そちらが2周目に入ったところで「魔法使い」な運用の2キャラ目を途中まで進めた、という段階で今回のダウンロードコンテンツを買ったため、一番そのコンテンツのマップに近いのが2キャラ目、という状態。だからその2キャラ目が強いわけではなく、むしろ使いやすい武器防具を封印している関係で2キャラ目の方が辛い (前回使った武器を可能な限り封印していく、ということを結構やる)

で、ソウルの矢の系統を使ってるのだが、森っぽい森を抜けて変なヤツに出会う時点で魔法が尽きがちとなる。次の篝火が見えなくて涙。希望が必要

今回のキャラがおそらくアーノル・ロンドをクリアした直後で止めたもので、だからローガンに一度魔法をもらってるけど結晶の類を持っておらず、火力がそういう意味では「ふつー」。スロット4で、だから数もあまり撃てない。ううむ

森の先のアルトリウスが微妙に遠い上に相変わらずボス。死ぬ。死ぬ。死ぬ。

途中から森は敵を全無視して走り抜ける運用に変えて数回やっても死ぬ。死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ

相手の攻撃を見切るスキルが十分でない状態で倒すことになるわけで、特に発動の遅い強いソウルの太矢を使いたくない。可能な限り自動追尾のアレとソウルの槍でなんとかしたい。ソウルの槍が4本ではなぁ……

仕方ないので一度アーノル・ロンドに戻り、レベルを上げつつ槍をもうひとつ買ってみた。……まだ不安だ。レベル3上げてスロット5に増やす。……まだ微妙だ

槍が(2スロット使って)8本あると、アーノル・ロンドの篝火の左右の巨兵6体をノーリスクで側溝で(一撃で)倒せるようになって、一周2分9000というまぁそこそこの体制が作れて楽かなぁ、とか思ってるんだけど、そういえば暗い森の庭の盗賊ハンティングってどんくらい儲かったっけ……

安定度をあげる上でも書庫のローガンから追尾の上位互換を買っといた方が良いのではないか、という気分になりつつある。白竜を倒すところまで行く必要はないはずて、あくまでローガン発狂させるところまで、という。

まー、でも、あそこまで行ったらシースまでやれよ、という話になりそうだけど。

ダウンロードコンテンツ終わったら多分また中断することになりそう。だとすると、万が一、そのあともう一度次に起動したときに進行具合をまた忘れて、しかもそんときに一部のマップの半分だけクリアした部分があるとかなったら大した嫌がらせでごんす。

でもなぁ、書庫は結構時間かかるなぁ……。暗いマップではないから、あまり疲れはしないけど

# 嫌いなマップ1位が病み村。先日とあるわかめが不死教区のガーゴイル2体で心折れた、という話をしていて、それでは病み村はもっと折れるぞ、という会話をしてた。

[ダークソウルおわり]


このブログの人気の投稿

LibreOfficeで表紙、目次、本体でフッターのページ番号のスタイルを変える

WiiUのコントローラが通信不良に陥った話

技術書典2 あ-03 『もわねっとのPythonの本』