2012-10-28 の料理



筑前煮のレシピを元にした煮付け的なもの。レンコンだか筍だかと、後こんにゃくが手元になかったので割と中途半端な彩りになってる気もする。二食分で全部は食べてない。

作る上では時間をかければそれなりにはなる感じ。ただ、今回調味料がやや多すぎた感じに出来上がったのと、より重要なことに落とし蓋出来なかった (蓋なかったし紙もやらなかった)。

見た目味が濃そう、というのは調味料が多いから、というのもあるのだけど、食べてみると普通に野菜の味がする不思議。手元のレシピ本曰く煮付けというのはそういうものらしい。

テーブルの上が汚いのは前回と同じですね!

このブログの人気の投稿

LibreOfficeで表紙、目次、本体でフッターのページ番号のスタイルを変える

WiiUのコントローラが通信不良に陥った話

技術書典2 あ-03 『もわねっとのPythonの本』