2012-10-04 の出来事

早朝 5km

書けることについてはあんまり何もしてない。色々と困りものである。

[DQ10]

他の人の圧倒的な存在感によりレイダメテス突破。俺ほとんど何もしてねぇ……

1職業Lv40というスペックでは無理筋な世界。他の人は別職業とかLv50にできていたりLv40くらいにはなってたりする。うーむおそろしい。

ちなみにLv40の武闘家気合ほぼ全振りだと、テンション20のバイシオンありウィングブロウでトータル60〜80程度入る。おそらく僧侶二人の小瓶聖水がぶ飲みなら運が良ければ倒せるかもしれない、という感じ。聖女の守りスクルトその他総動員してもあの長期戦が60分のタイムリミット (しかも移動等含めて) で収まらない可能性もあるので、おそらく安全目に振ると「無理だからやめとけ」になる。

あとは形式上最後のボスだけなのだが、当然この状態では役に立たない。どうやらLv50に追加で数職業なんだよねぇ。とりあえずプランとしては戦士の勇敢スキルを上げて盗賊で爪にも振る、という運用になる。

ちなみに爪はスキル3しか振ってないし再振りが実装される以上、他の道を目指しても良いのだけど、このキャラのプランニングにそれは許されない。ツメとサングラスは責務となっております (だからメダルも追加で10必要)

# なぜ: 察しがつかなければ単なるこだわりと理解するのが吉。

盗賊の鍵をゲット。まだメダル回収が進まず、ひらめきの指輪は取ってない。

銀の道具を作っては売る。B級になった。ランドン山脈で回収していると、鍛冶をしても銀鉱石は思うほど案外消費しないことが分かってきたため、貯めておいた銀鉱石をいくらか放出して金にした。金にするとようせいのひだねが手に入るようになり、鍛冶の回数が増え、銀鉱石の消費は若干増える。つまり売る量のバランスという話であった。

しかしほんとよく売れるなぁ。微妙に安くしてるという事情があるにしても。

ところで初めて☆☆☆が出来た。

[DQ10 おわり]


このブログの人気の投稿

WiiUのコントローラが通信不良に陥った話

LibreOfficeで表紙、目次、本体でフッターのページ番号のスタイルを変える

技術書典2 あ-03 『もわねっとのPythonの本』