2013-03-27 (水) 夜までの出来事

○ ペン字


ペン字文章にネタ突っ込むと心が乱れることがわかったので当座入れないことに……w

○ 簿記2級受かった



  • 設問1 16/20
  • 設問2 18/20
  • 設問3 16/20
  • 設問4 18/20
  • 設問5 20/20
一級はとりあえず考えてません。

○ 色々かんがえちう

仕事にしてもそうでないことにしても、新しいことをやるときというのはそれなりに想定を超えるコストが発生するってのはあると思う。

そのコストの見積もりを少なくとも初回は外す。しかも過少見積もりになる。負担が10%多いというレベルではなく、10倍多いというレベルではずす。経験値がないというのは割とそういうもんだと思ってる。

個人的にはその初回の「外し」は、それで会社が1つ転覆したり、サビ前に人が死んだりしない限りそんなに大問題じゃない。1つ転覆するくらいなら会社はそもそもバックアップ体制を持ってなかったという意味である意味問題だし (現実問題案外ないような気もするんだけど)、人が死んでるのならコナンを会場に連れていってる真犯人がいるのでそいつをとりあえず縛り上げる必要があったはずだ。

一発KOのミスでないんなら、次回以降なんとかします・しましょう、という話にするのが個人的には性に合うし、ある程度はそういう気分でいれば負担感も減る、はず。

# そうするとバッファが必要という話になり、コスト削減の世の中では必須それを削りたくなり、そしてさらにブラック・スワンという存在があればバッファなど無意味であり、色々考えはつきないのであった。


このブログの人気の投稿

WiiUのコントローラが通信不良に陥った話

LibreOfficeで表紙、目次、本体でフッターのページ番号のスタイルを変える

技術書典2 あ-03 『もわねっとのPythonの本』