最近のDDRerは浮いてる

正確には、背後にあるいわゆる「バー」を持つのですね。両手でがしっと持ちます。そうすると、足に荷重する分量は超減り、状態としてはほとんど「浮いている」感じに。ま、解釈の問題ですけど

昔々は微妙に嫌がられたプレイスタイルという側面があるんですが、ある時点からそうしないと物理的にマジ無理という世界に突入してしまいました。物理的に無理については、だいたいこれ見れば理解できます。
http://www.youtube.com/watch?v=DNCVSiDbRBY

ちなみにこの動画は、多分ダブルプレイで世界一だかそこらと言って良い人が、最近解禁されたとある譜面で「C判定」、つまり「割とダメ」なスコアを出し、むしろ見てる人からは「クリアできるのかあれ」と感嘆されるという不可思議な世界を現した動画です。「足が4本ないとダメ?8本じゃなく?」とかいうそういう具合ですね。

体が筺体右端で「うぉりゃ」と捻られてる0:40あたりが個人的には好きです。こういう「うぉりゃ」感は、いい。

ちなみに私はこんなこと出来ないのであしからず。

おまけ
「うぉりゃ」的にはこちらの方が上か。さすがPOSSESSION
http://www.youtube.com/watch?v=P2nEtlMoqO4

このブログの人気の投稿

LibreOfficeで表紙、目次、本体でフッターのページ番号のスタイルを変える

WiiUのコントローラが通信不良に陥った話

技術書典2 あ-03 『もわねっとのPythonの本』