2012-09-30 の出来事

午前中は雑用しつつ受け取り荷物を待つ

午後からのスケジュールはそもそも参加予定のイベントに時間的にかぶりがあり、さらに距離的にも遠いため微妙にハードだということは想定してたんだけど、結果として2つ目をドタキャンという流れになってしまった  m(_ _)m

○ 一つ目:ダンエボ練習会、という殻をかぶったダンス練習会

二つの重なる領域というのがあるのはわかってたけど、その重なってる場所にいたのは初めてだた。

要は本当にダンスの練習。ストレッチ、筋トレ、アイソレーション (体の一部だけ動かす練習)、そして課題であるFollow Tomorrowの振り付け練習。

Follow Tomorrowというのはこちらを参照。一応大会の課題曲である (私はやらんけど)

Follow Tomorrow (ニコニコ大百科)
ダンエボだとこう

振り付け練習の部分が、そもそもゲームとしてスコアを取るというよりは元の振り付けを練習するという話。「ここは親指立てないで人差し指で向きはこう」というところの細かいレベルまでの指導になった。準備が足りてない自分は割と必死である。しかもおぼえらんねー。

ポイントは、言われてやってみせられると、そういう細かい部分でも「なるほど」と納得してしまうところかと思う。本来、腕の伸び、角度、指の形も意識しており、一方ゲームとしてはKinectによってその一部を判定出来るというレベル。ゲーム筐体を離れるとむしろ難易度は別の方向に上がる。それはまるっきり「ダンス」の難易度という話だけど。

で、振り付けにそういうこだわりもあり、またダンスとしてもやや動きが激しい(部分がある)ため、レベルはともかく結構本格的だった気がする。相手は「今回に限っては」何故かプロなんである。レベルが高い、ではなく、その振り付けの祖、本家。これは、すごかった。

で、内容が正直想定を軽く上回ってしまった。そのため2つ目の地点に移動するべき、と設定していた時刻を越してそこにいることにしてしまった。そう、意図的にブッチしたのである。ひたすらに「悪」の所業であった。

すみません……。お詫びに、見たい人がいたら見せるよ。ももクロ (練習済) と今日のそれでよければ……

それにしても、やはり自分で一度動いてみてから本物を見ると「違うなぁ」と思う。それは踊り自体もあり、練習それ自体もあり。

以前割とネタでもなく声優学校の体験レッスンを受けたときも似たような感じを受けた記憶がある。やはり分野が違うと色々違うと思った。

○ 2つ目の方のブッチについて

あんどうげん。はい大変すみません。完全に意図的にブッチした部分があるので、言い訳ができません m(_ _)m

# だって16時の時点で一番練習したかった曲の最後の箇所までたどり着いてなかったのー!

上記イベントから1時間ちかく離れており、終わった時点で18時頃、そしてあんどうげんは19時頃、さらに台風もあってそりゃ無理筋という話にしてしまった。うぐぅ。約束してたのに

一つ目の方も結構準備不足で、申し訳ないしもったいないなぁなんて思いながらやってた部分があって。いやぁ、色々すみません。

○ 台風

2つ目への望みが失われるあたりで流石に台風もヤバイという話になってきて、新宿から効率は悪いけど本郷三丁目まで丸ノ内線で帰った。

いまのところ外はそれほどでもないけど、時折風がすごい。




このブログの人気の投稿

LibreOfficeで表紙、目次、本体でフッターのページ番号のスタイルを変える

WiiUのコントローラが通信不良に陥った話

技術書典2 あ-03 『もわねっとのPythonの本』