2012-09-23 の出来事

もう少し出先でさくさく書ける仕組みが欲しいなぁなんて考えてる。

今日は彼岸であったということで親戚と墓参りに行った。大雨である。

墓参り自体は毎度来ているのでそれ自体に違和感はないのだが、そういえば海外にいるときにはそういうのが一切なくても違和感がなかった。あってもなくても感慨がないというのはそれなりに寂しいところもあるのかもしれない。

海外在住するというのはそういう束縛が一時的になくなるということでもある。もちろん仏壇を輸送しても良い。でも同じ経験にはならない。それがウザいと思えるのであれば吉報で、それが寂しいと思えるのであれば凶報になるたぐいの話で、だからこの場でどうということではないのだけど。

特に自分的には「事務的に」変えたiPhone5なのだけど、IT系には強くない親戚がむしろこれに興味を持っていてそれが逆に面白かった。多分いわゆる「ガジェット好き」みたいに思われてるんだろうなぁ。

帰ってきて、明日仕事上必要なものをちょこちょこ準備した。あくまで「経営者」側なので、休日休むお得度が格段に低い。

そう、それで思い出した。最近、つまりここ数年、生活にメリハリという概念がない。昨日某キャバ好き取締役に連れて行ってもらった新橋のキャバクラでキャバ嬢が何気なくそういう話を振ってきてピンときたのだけど、確かにここ最近そういうのを考えてなかった。さすがキャバクラである。なお、初キャバクラであった。

なお、何を持って世の中の男子があれだけの金を払ってあの異空間に行くのかについての理解は深まらなかった。某ゲームがより身をもって「これキャバクラじゃねーかwww」と指さしてm9出来るようにはなった。

この辺りの話は掘り下げると恐ろしいことになるのでこの辺でよしておくのです


このブログの人気の投稿

LibreOfficeで表紙、目次、本体でフッターのページ番号のスタイルを変える

WiiUのコントローラが通信不良に陥った話

技術書典2 あ-03 『もわねっとのPythonの本』