(雑談) キャパシティオーバーでやられる状態

とりとめないことをば。

慣れてないことでも1時間は出来ることもありますよねと。ただ、5時間とか続くと限界によって後半何がどうなってるかわからなくなっていって、ついには迷惑をかけ続けるという状態があったりします。

で、当然ですけれども、最初の1時間と最後の1時間は別の対象で別の人のために動いていたりするのです。最初の1時間も最後の1時間も相手にとっては同じ「1時間」。もちろん、アウトプットの質を評価されるときによりはっきりくっきりと見られるのは悪い方の1時間となります。

慣れてくれば同じことが出来る時間が5時間に増えて、結果全部うまく動かせるようになるんだろうか、と考えると、ちょっと想像できない。どういうスタイルでその5時間を「均す」のかって、やはり人の得手不得手を勘案した総合技芸なんだろうと改めて思うわけです。もちろん当たり前のように「疲れないように仕事量調整せいよ」という話も含めて、ではあります。

特にプログラミングみたいに対象が機械的なものではなくて、対人のファジーな話でこういうあたりでミスることが自分の場合は多いので、そういうメタな意味で今日は凹んだ一日でした。

# なお全体的に今日あったお話ではありません念のため



このブログの人気の投稿

LibreOfficeで表紙、目次、本体でフッターのページ番号のスタイルを変える

WiiUのコントローラが通信不良に陥った話

技術書典2 あ-03 『もわねっとのPythonの本』