スターフォックス64 3D

いまさらやったのでメモ書き程度に感想。

元のゲームの方は結構やったほうだと思う。少なくともエクストラで全部勲章取るくらいは当時は普通だった。今はあんまり取れない。一応エクストラでゲノム1ルートをクリアするまではやった。

ゲームよりはむしろセリフ回しとかそういうのを気に入っていた部分があって、今回声が声優変更含めて全部入れ替わっていてかなり残念だったりする。全体的に尺を短くしたいのか、セリフとセリフの「間」が64版よりせせこましいというか、なんというか情緒がない。

どうでもいいという意見もあると思うんだけど、「お前たちは一体」「スターフォックスだ」「そうだったのかぁ〜〜」の「ぁ〜〜」が全然伸びなくなって通信途絶するのは趣ないと思うんだよ(意味不明

ゲーム性は余り変わってないし3Dもそれなりに面白いのだけど、画面が「狭い」とは思った。どうしても縮こまるのね。

子供の時のゲームにはどうしても特別な感情が混じるものだからこれ以上はあまり語らないでおく。今だと売れそうにないゲームという容赦無い感想が最初に思い浮かんだのはないしょだ。

このブログの人気の投稿

LibreOfficeで表紙、目次、本体でフッターのページ番号のスタイルを変える

WiiUのコントローラが通信不良に陥った話

技術書典2 あ-03 『もわねっとのPythonの本』