ゼルダの伝説 神々のトライフォース2 クリアした

複数名の知り合いがやっていたのもあって、ダウンロード販売でやってみました。SFC版の1はだいぶ前にやったことがあります。裏の曲が好きでした。1については、周囲がやりこみし過ぎで幻滅しています。

いかにも任天堂本家というか、3D画面の使い方が映えるゲームという気がします。3DSの3D機能、私はめったにオンにしないのですが、本ゲームでは終始オンにしていました。そうしないとゲーム上で有用な情報が落ちるんですよ。飛んでるカラスに当たり判定がない、という状況で、飛んでいることを認識する簡単な方法が3Dです。

ヒントを提供する仕組みが山のようにあるため、道中でハマることはほぼありませんでした。アクション要素もそれほど激烈にシビアなものはない印象です。全体的に易しかったため、主人公の武器防具、所持アイテムについては強化が総じて中途半端な状態でスルスルクリアできてしまいました。ナイスなアイテムどころかタコ見つけてません。

#もっとも、1周クリア後に「ハード」があり、そちらは特に前半がやたらシビアのようです。やりません。

やりこみ要素はそこそこあるようです。ただ、単なる作業に見えます。

ゲームとしてはやや小ぶりですが、出来は良いと思います。

とは言うものの、ゲーム本編が「短すぎる」という印象と、長くても困るという気分と、4800円は高いなぁという思いが混ざって、全体として私は微妙なプレイ後の感触を持ちました。数多ある選択肢の中で、このゲームをあえておすすめする理由があまりないという皮肉もあります。自分では良かったと言いつつ、あまりおすすめしないゲームとなっています。微妙な筆者の心境を400字で説明せよ。

このブログの人気の投稿

LibreOfficeで表紙、目次、本体でフッターのページ番号のスタイルを変える

WiiUのコントローラが通信不良に陥った話

技術書典2 あ-03 『もわねっとのPythonの本』