ジャズのオススメとかよこせ

私は基本的に音楽聞きながら作業できない。理由は多分二つ。1つ、おそらくは基本的な人間的性質により音楽聞きながらの作業に向いてない。1つ、音楽を聞くと足がステップを刻んで指がノートをはじき出す。後者は典型的な音ゲー病だ。今では更にアナログデバイスでウィンウィンやりだすことまで追加されてカオスである (どうでもいいけどFLOWERのアナログ入力が予想以上に鬼畜で吹いた。15ェ……)。ドラムにはまらなくて本当によかったNE!

さてジャズである。作業中あんまり聞けないんだが特に集中してないときとかには聞いてたほうが良い、というケースもある。大昔実家の隣で工事をしていて勉強するにもうるさすぎた時、仕方なく (カウボーイビバップの) Tank! 聞いてやりすごして以来、外部のノイズを自然に受け流せるバックグラウンドミュージックを探そう探そうと思って何もせずはや10年以上経った。

ジャンルがジャズであるのは音ゲー(特に私がやる系統)にあんまり入らないしリズムも変態気味だったりして手とか足が動きづらいからである (まぁ、あったけど、大体譜面が酷い)。じゃぁず。

とは言え適当に拾うと無限に浪費しそうな分野なのでオススメとか適当に見つつ気が向いたら聞いてる。聞く頻度自体は低いとなると、大体定番くらいで落ち着きそうなレベルだ。こういうのは結構助かる。

なお、ジャズ以外だとマッサージ店がかけてるヒーリングミュージック系は比較的好きだったりする。メンタル・デトックスとかは一時期大いに聞いた。


全く関係ないが音ゲーに合う速度感というのもあるようだね。BPM130くらいだと最近は譜面は流れてこない (bpm170前後は大変怪しい)。bpm600とかも、まぁないな

(DDRには一瞬だけbpm600速度で流れる曲というのはある。ただしネタ。また上記の記事はbpm600で16分以上の細かさで引いてるのでDDRの範囲で言えば正確にはMAX1200だろうなぁ)



このブログの人気の投稿

LibreOfficeで表紙、目次、本体でフッターのページ番号のスタイルを変える

WiiUのコントローラが通信不良に陥った話

技術書典2 あ-03 『もわねっとのPythonの本』