エンジニアボドゲ会



特に何がどうということもなく粛々とボドゲ。如何に雑にコメント書く
  • 犯人は踊る -> (脳トレ的)
  • コヨーテ -> (ニムト系?, 少し脳トレ的)
  • スカル -> (ブラフ系)
  • キャメルアップ -> (パーティーゲー)
  • ゴキブリポーカー -> (ゴキブリ)
  • いかさまゴキブリ -> (いかさま)
  • お邪魔者2 -> (味方誰, 軽量)
短いスパンのゲームが多かった気はするがそれはそれで。

「脳トレ的」というのは基本的に自分と相手の立ち位置双方からのステート管理・数字管理が「前提」という感じ。慣れている人が圧倒的に有利な面があるので、やるなら自分ももう少し理屈を理解しとく必要がある気がする。幸いものすごく突き詰めるようなものではなさそう。

スカルはブラフと比べると期待値より気合感がある。猜疑心を起こさせやすい点ではより私好みで、もう少しやると勝率はなぜかあがるかもしれない。キャメルアップは勝っても負けても痒い。

ごきぶりポーカーといかさまゴキブリは全プレイヤーの位置関係が対等でないと有利不利が出るという気が改めてした。丸テーブルがベターかな……。

お邪魔者2は今回は何か一部すら把握出来るまで出来てない。あるいはそういうゲームではないかも。掘ってたら金塊をもらえただけで、村人で話さないでいたら村人が勝利したみたいな気分だった。

家に置くならコヨーテかな……。ゲームの雰囲気はお邪魔者2が好きな気がするけど。

このブログの人気の投稿

LibreOfficeで表紙、目次、本体でフッターのページ番号のスタイルを変える

WiiUのコントローラが通信不良に陥った話

技術書典2 あ-03 『もわねっとのPythonの本』