『猿の惑星: 新世紀』

このまま猿の惑星に繋がるのかと思ったが……最近「新世紀」とかいうのが出てたのか……

猿に薬を与えたら頭が良くなった、ついでに同じ薬は人間には伝染性・致死性の毒になるのだ、頭の良い猿が世界を席巻する〜、という話。

グラフィック関連が強烈に進歩している今だと「猿の動きがすげ〜」みたいな感動があるわけではない。淡々と猿が独立するまでの過程が描かれる感じ。考えさせられる内容も、このシナリオ上は特にない。

薬の効果について、「アルジャーノン?」と勘違いした。「勘違い」と言わざるをえない紛らわしい設定だと思った。アルツハイマーには効かないという意味で、猿の知能は元に戻る意味でゎない……。

強いて言うと、サンフランシスコが舞台なためか行ったことがある場所が多い。そういうのが印象に残った。ミュアウッズ、ツインピークスなどが既に懐かしい。

このブログの人気の投稿

LibreOfficeで表紙、目次、本体でフッターのページ番号のスタイルを変える

WiiUのコントローラが通信不良に陥った話

技術書典2 あ-03 『もわねっとのPythonの本』