シャキシャキのレタス

もうどの本なのか忘れた。原点を知っている方がいたら教えて下さい。

安売りしか出来ないブランドのサラダを売るとき、考えることは「どうやってそれを高く見せるか」ではないと考えるCEOがいたらしい。曰く「消費者は安いサラダにクルトンは求めない。でも、シャキシャキのレタスは求める」

戦力が足りない時の戦い方、unstableな状態での戦い方というのがあると思う。これを覆して、自分たちがあたかも一級戦力であると見せつけようとしたり、stableな状態だと自分を偽って戦ってはいけないのだと、自分の中では理解している。眠いので寝る。


このブログの人気の投稿

LibreOfficeで表紙、目次、本体でフッターのページ番号のスタイルを変える

WiiUのコントローラが通信不良に陥った話

技術書典2 あ-03 『もわねっとのPythonの本』