iPhone6S Plus

買った。色々メモ程度に書く

もともと持っているのはiPhone5で、3年持ったことになる。

ただ後半2ヶ月ほど、パネルが剥がれた状態からボンドで貼り付け直すとかいった対応をしながら頑張ったので、いい加減寿命という状態。バッテリーも劣化が著しく、表示で50%強残っていると言っているそばからバッテリー不足の強制停止が発生してたりした。なおパネルが剥がれた直接の原因はバッテリー本体が膨らんだからだと思われる。貼っても中央部分は凹まなかった。爆発は、してない。

iPhone6S Plusにしたのは昨年iPhone6 Plusを見た時に「Plusでも案外行けるな」と思ったからだ。そもそも個人的にはiPhone5のサイズでもでかすぎるという印象がある。そのサイズですら、タッチパネル上のqwertyキーボードは両手持ちだった。iPadの類ではminiであっても常に両手持ちで入力している。

iPhone6S Plusもスマホとして考えると大きいが、一応ポケットに入る。薄いので「ポケットが膨らむ」という典型的な非モテヲタのズボン的状態を気にする必要はそこまでない。いや気にしろ俺。

惰性でauにしたが、いよいよauを辞めたい気持ちが高まる。費用が高いというよりも、店員の対応が過去2連続で非常に不満だからだ。多分マニュアルのレベルでそうなので、どうあがいてもダメで、さらに言えば昨今のオプションで設けましょう文化の押し付け風味「私はあなたのことを思ってますよ」営業スマイルサポートが心底耐えられない感じになってきている。なんというかマニュアルレベルで上から目線を演出できるってすごいんだと思う。印象でしかないが、3キャリアでこの現象がないことは期待できないだろうから、そういうのがないMVNOの類を検討するべきだった。

調べない自分がトータルでは一番悪い。

iPhone6S Plusそのものが良いというよりは、単純に既存の端末がボロボロだったので、変えてげんなりするということにはなっていない。ただ、最新機種の割には一瞬フリーズするといった現象が気になる。ちなみに、iPhone5のときは日本語入力でフリック操作をしてから実際に日本語が入るまで数秒待たされることは普通だった。普通であってはならんだろ、とは思うんだけど。

パスワードの再入力であるとか、Google Authenticator内のトークン再登録が面倒。1サービスごとにOTPを増やしていくモデルは辛い。スマホと連携できるFIDO U2Fがこなれたら、きっとみんなのヒーローになる。

画面サイズ的に少し前のCaveのSTGをやるのに調度良い予感がして、『虫姫さま ふたり』を買ってやってみた。ゲーム本編の解像度がヒィということと、チュートリアルとかが英語になる点を除くと割と良かった。他の人にはおすすめしない。その他には『金沢将棋2』だとかで盤面全体を表示させてもご入力怖くないレベルにはなっていて、画面サイズはケータイというよりミニタブレットに近い。期待通りで助かる。19路盤の碁は知らない。

完全に蛇足だがメンテを放棄された旧スマホゲームの墓場感が悲しい。動くけどね。

iOS9についてはそこかしこで変な挙動 (した覚えのない操作がされているとか) をする。慣れていない、というのもあるだろうが。それにしても基本ソフトウェアの層が膨れていく流れはどうにかならんか。







このブログの人気の投稿

LibreOfficeで表紙、目次、本体でフッターのページ番号のスタイルを変える

WiiUのコントローラが通信不良に陥った話

技術書典2 あ-03 『もわねっとのPythonの本』