まどかマギカ劇場版 叛逆の物語見た

なのです娘の消費が激しいのです

以下全てネタバレ




○ 既存の設定の延長を模索したのは良かった

冒頭とこれまでの流れが一致しないところから、おそらく「何か仕向けられている」というのがなんとなくわかるが、パラレルストーリーではなくてそれなりにこれまでの経緯を踏まえていてよかった。

○ あおいこかわいい

解釈によるんだろうが「えんかんのことわり」に導かれると「魔女」はすっきりするという設定のようでしっくりきた。個人的には地味にここが一番響いた。

アレだね黒化したのが改心すると割と強くなる

最初の変身シーンが不吉一辺倒で、特にあおいこにいたっては「おい魔女じゃん」という印象を受けた関係で、中盤からの展開は妙にしっくりいった。変身シーン自体はノリで作ったんだろう、という某人の感想には同意なんだけど。

○ 葬式

ちゃぶだい返しがなければ綺麗に葬式物語だったはずなのだが。それで終わらなかったのはうろぶちの業なんじゃないだろうか

○ 既存の設定と一部ぶつかっている

特にラストのQBの扱いあたりは非常に微妙といえば微妙。中途半端に勧善懲悪的要素を混ぜても意味ない気がする

そもそも連中の存在意義というのはアレなんであって、わざわざそいつらを「やーい」してもこの物語上では単なるコンプレックス持ちということに

みゅーってずっと言わせとけばよかったのに、何かどこかでQBは悪者なんだというのをなんだかんだでひきずってしまった。あれは解説者なんだと解釈して満足してたのだけど

○ そして割とちゃぶ台ひっくりかえった

愛ね!

青い子の最後の気分はわかりやすい。「いままでの努力はなんだったんだよ!」という

世界が壮絶に黒い子の暴走というTV版の冒頭に戻ってしまった。大きな仕掛けを経て、最後はがまんできない子はへぼいなぁという月並みな感想に。

○ うろぶちはまたどっかへいってしまった

自分の気分として、「いままでの蓄積をどうしてくれるんだよ!」という感想について、インフェルノ他、自分が見聞きしたうろぶち脚本の過去作のエンディングとかもそうだなーという印象を受けた。

この人の本領というか、この人の業に巻き取られていった。まどマギTV版のアレは綺麗な例外という感じで、劇場版で元に引き戻した

大衆受けに最後まで着陸出来ないんだなぁ、いつかどこかでまた合流するといいなぁ、と思った。先端の尖ったクリエイターが自分みたいな大衆にとって気分の良い着地点を魅せるケースのほうがまれなんだろう

○ 演出頑張った

いぬかれーメドレーとして見るのなら、葬式的なアレは実に良かった。何も前提なしに「誰の魔女でしょう」ってやっても誰でもわかるが、同時に誰でもない感じがよかった。あおいこの魔女よりよかった。

全体的には演出はやりたいようにやっているだけで統一感がないんだけど

かなしいがきいろとあんこの魔女化を見る機会はないんだろう。あったっけ。

ゆりっぽくてゆりだなぁ、と思ったらくろいこがだいなしに。

○ お菓子の魔女萌え

いいじゃないか。特に萌えそうなそこかしこで顔がぼっこわれるのがいいじゃないか。

というか小学生だったのね

話がアレでアレだった中でシンプルに取れるものを取りに来たおかしの魔女。ところでお菓子の魔女なのにチーズが好きなのか……

○ あざとさが見えてやだ

魔女文字が一瞬出るという演出が非常に多く出ていてアレ。

blurayお買い求めくださいだか何度も劇場にお越しくださいだかわからんのだけど、二番煎じ感がある。

このブログの人気の投稿

LibreOfficeで表紙、目次、本体でフッターのページ番号のスタイルを変える

WiiUのコントローラが通信不良に陥った話

技術書典2 あ-03 『もわねっとのPythonの本』