暗殺教室5巻まで読んだ

いまだに「さつせんせー」と読むことがある。Kindle版読んだため最新刊は追ってない。追う気になるほどまでは熱中しなかった

○ 面白い

テンポが良い。マンネリになる日常回がそれほど連続で発生しないのが良い気がする。タイムリミットの設定も良い

○ なにかどこかで見たような気がする

全体的に「どこかでみた」シナリオの上手い使い方という気がする。今までにないのではなく

ある人がマガジンサンデー的と言ったが、多分ジャンプのギャグ漫画の路線のネタの範囲な気がする。

○ モードを設定しづらい

シリアス展開を殺せんせーが自ら消し飛ばしてしまったりすることが割とあるのでラストが見えづらい。悪くも良くもある

○ 読みたければ読んでも良い

私が興味を持ったときは1巻がKindle上で無料だった。今は違うかもしれない。

適当に読むのに向いているのはとても良い

このブログの人気の投稿

LibreOfficeで表紙、目次、本体でフッターのページ番号のスタイルを変える

WiiUのコントローラが通信不良に陥った話

技術書典2 あ-03 『もわねっとのPythonの本』