MacBook Proを修理に出した

数週間前の時点で音が出なくなっていることに気づいた。いつもスピーカをオフにしているから気付かなかった。イカデンワを使おうとした時にいよいよ不便になり、ジーニアスバーを予約し、運良く翌日に予約を取れた。

自分でハードウェア診断をしたところ、スピーカ不良という報告はなかったのだがACアダプタが不調という報告。充電はできているが、どうも基盤レベルでおかしいのではないかとは感じていた。

実際にジーニアスバーに行って調べてもらっても同じだったので、工場に送るかなんかしてもらう。火曜日に持ち込んで見積もりでは「一週間」、実際には3日で対応してもらった。

案の定、基盤交換だったようだ。PRAMリセットの影響で一部の設定 (ログイン時のキーボード配列がデフォルトに戻ってたり、Caps LockがCtrlじゃなくなってたり)が飛ぶが、それ以外は暗号化されてるストレージ含めて概ね問題ない。音も出るようになった。

そういや起動時の「ジャーン」の音が鳴らなくなってたんだな……。

このMacBook Proは去年12月に買ったものだ。保証期間内なのでその点で料金が発生するわけではない。初期不良という時期でもないので故障という意味では少しめずらしいのかもしれない。

保証の範囲内とはいえ、一晩中CPUに負荷がかかる類の処理等をしていたりすることが一時期そこそこあった。コンポーネントの品質については知らないが、ノートPCというのは排熱が得意なもんではないと思う。ノートPCクーラーを手に入れたので、以後はそういうものを積極的に使っていくことにした方が良いかもしんない。

このブログの人気の投稿

LibreOfficeで表紙、目次、本体でフッターのページ番号のスタイルを変える

WiiUのコントローラが通信不良に陥った話

技術書典2 あ-03 『もわねっとのPythonの本』