ボサノバとストリーミングと三倍アイスクリーム

音ゲーの悪影響でリズム感の強い曲を聞きながら作業できない。が動いてしまう。この病気は一生残ると思う。

で、イージーリスニング、ジャズ、クラシック、ボサノバは比較的この問題から回避できることに気づいた。なんだかんだで、ゆったりしたBGMを流しているのは気分がいい。

最近はこの中でも、普段流しておくのに向いているのはボサノバという気がしている。マッサージ屋がしばしばBGMでイージーリスニングとボサノバの系列を流していることが多いからだと思う。

あいにくイージーリスニングは好みを探すのが難しい。あと、ジャンルとしては安定した傾向がないので、期待した傾向の曲を探すのが案外むずかしい。音楽ストリーミングでも「イージーリスニング」には期待しない曲が多数混じるので役に立たない。

ボサノバもせわしないものがあったりするが、大方ゆるくて気にせずに聞けるものに出会いやすい。

なお、特定のアルバムに特に素晴らしい曲がある、ということで聞くわけではない。とにかく適当に流してくれればOK、という点で、音楽好きの人とはちょっと違う希望だとも思う。

FacebookでおすすめいただいたSonyのMusic Unlimitedにはボサノバチャンネルというものがあり、月額1000円近いが今のところ比較的悪く無いと感じる。

ただ、あまりこだわりがないとしても、まれに特定の曲の「当たり」がある。するとちょっと困る。月額1000円程度は、その音楽を再生するにはちょっと高く感じるのだ。単体で購入しておきたい欲望が湧く。

また、レパートリーがリッチかというと、実はそこまでではないようにも感じる。しばしば、同じチャンネルであれば同じ曲が流れる。イパネマの娘の変種は「違う」曲として扱うにしても。

CDやダウンロード販売が良いかと言えばそれもケースバイケースだ。自分の場合、聞き方にこだわりがないだけに傾向全体に飽きることもあり得る。

もう少し考える必要がありそうだ。

#タイトルにノイズが混じっている件お詫び申し上げます。

このブログの人気の投稿

WiiUのコントローラが通信不良に陥った話

LibreOfficeで表紙、目次、本体でフッターのページ番号のスタイルを変える

技術書典2 あ-03 『もわねっとのPythonの本』