名古屋のマウンテンという喫茶店というか何か

10年ぶりくらいに行った。具体的にはサークル合宿中に「もわもわさん、行きましょう。あなたの運転で」とかいう運転要員であった。諸兄もマウンテンに行かないよう、免許の取得には十分注意されたい。

それはともかく、前回マンゴーかき氷の辛口というので撃沈して以来で、それが2003年とかじゃなかったかという話。で、まぁ今回は帰りも運転一人なので撃沈するわけにもいかず、無難にタコピラフ的なのを頼んだら量が多目の普通のタコライス的なピラフが出てきた。

他の人についても、甘口系スパで抹茶の何かがえらく伝統的なマウンテンメニューである他はそこそこに無難という感じがしていて、前回の印象とはえらく違った。改装があったそうで、それ以降スタッフも増員したんだろう。前のような場末感もなく、人は大量におり、店員は雑な対応だが、平均するとただの飯屋喫茶店レストランの類だった。甘口スパはやはり「なんであるんだろうね」という気分にはなるんだけど (他にキウイの何かを頼んだ人がいる)

上記の辛口マンゴーかき氷については、全体的にぬるめだったためExtra Stageとして5人で1つ追加で頼んだ。以前のことがほとんど頭に残ってないんだが、後半アイスクリームとか追加のタレとかが入っていて、前より良心的なようなそうでないような (追加のタレにはもちろん唐辛子系の何か入ってるんだけど)。

トータルで見ると前よりぬる化したような印象。女性混じりの集団が多数あり、前の「体育会系が罰ゲームで行く」という印象はあんまりないというか。

まぁよく分からんけどそういう感想なのであった。マウンテンよりは名古屋市内の運転のほうが怖かったね。


このブログの人気の投稿

LibreOfficeで表紙、目次、本体でフッターのページ番号のスタイルを変える

WiiUのコントローラが通信不良に陥った話

技術書典2 あ-03 『もわねっとのPythonの本』