ナガシマスパーランド

サークルの合宿で行ってきた。どうでもいいけど「サークルの合宿」エントリでないのは個別にした方が書くのが楽そうという以上の意味ない。また、私は下調べほとんどしてないので、一般的な意見は知らん。

スパーランドの3コンポーネントを回った。他になにかあるか知らないが、多分ないという前提。
  • 絶叫マシン過多の遊園地
  • ウォータースライダー過多のファミリー向けプール
  • 露天風呂過多の温泉
「過多」と書きつつ悪い意味じゃない。1日で全部の「過多」を廻ることが出来ないので、どれかに集中するか、選んでバラバラ行くか、複数日滞在することになると思う。

去年行った富士急ハイランドはそれこそ単体の「遊園地」で、絶叫マシンとそれ以外のアトラクション (特に「絶望要塞」と「戦慄迷宮」が良かった) のバランスが良く、プールや温泉がないという意味では綺麗に遊園地のカテゴリになる。今回のスパーランドは上の「過多」3種のコンビネーション。

スパーランドのお化け屋敷のしょぼーん具合とか考えると、遊園地としてトータルで優秀なのは富士急という印象。でもそれを越えてアミューズメント施設というか保養施設というかで色々あるという点を見るとスパーランド、か。

ファミリー向けプールはガチ泳ぎするプールはないが、スライダー「過多」は水遊びextendedとして良いと思う。二人乗り浮き輪で降りるスライダーなどがあるため、一人で行くと遊びの幅が狭い面はあるかもしれない。

温泉は非常に広く川などに隣接しているのが良いと思う (箱庭的になっていて外からは見られない。残念だったなクルツ)。都内の温泉であのサイズはちょっとお目にかかれない。個人的に見たなかでは1施設中にある露天風呂数は最大だった。お泊りも出来る。

トータルで見るとサークル合宿の中で半日で行くにはちょっと大きすぎるが、それは褒め言葉だろう。プールが空いている夏なら特に、三重にスパーランド単体で行く予定で一泊旅行は多分普通にありだと思う。

● おまけ: いもあらい事件の真相

まとめサイト等で見る「いもあらいプール」のうちの一つはスパーランドの画像らしい。画像だけ見ると「なんという激混みプールwwww」とか笑ってしまい、「こんなところに行く日本人wwwww」とか思う。

でも実際に入ってみて、気づいたらいもあらいのさなかにいた身として考えると、あれは自然な事件なのであった。

  • 海水プールの一つに人工波が発生するプールがある
  • 1時間に1回程度、波が大きくなるときがあるらしい
  • この1回は、休憩の後だったりする。みんな元気になってる
  • 開始と同時にみんな波の発生源近くに行く
  • 発生源近くは水深1.6mとかあり、波が高いと169cmの慎重の私でも浮き輪が欲しくなる。浮き輪で遊ぶ子供なら親とそこに近づきたがるだろう
  • みんなが一斉に波の発生源に群がるため、周りが空いてようが込んでようがその周囲は人でいっぱいになる
  • 波を楽しむので、別にぷかぷか浮いているだけでそこそこ楽しい
  • というか波の関係であんまり旺盛に泳ぐ気分にならない。特に発生源近くに着いた後は
  • 気づくと周りが浮き輪と人の頭でいっぱい
  • 突然の芋洗い!!

自分の中で勝手に惨劇の真相を解いた名探偵を演じてましたとさ、ちゃんちゃん


このブログの人気の投稿

LibreOfficeで表紙、目次、本体でフッターのページ番号のスタイルを変える

WiiUのコントローラが通信不良に陥った話

技術書典2 あ-03 『もわねっとのPythonの本』