最近のDDRとか面白いけどオススメはしなくなったの巻

真面目に書こうとすると長くなる上に何が言いたいかわからなくなること必定なのでチラ裏的に。もはや低レベルのじじいなので若い人は無視していただきたいところです。

#そこそこ適正な説明: 筆者はSPバー持ちで現状16〜17をクリアできる。最盛期は18で、17のAAはPosessionのみ。DPはバー持ちもクリア範囲は同程度で、16についてSilver Dream EDPのみバー無しでAA経験がある程度。19は全譜面において(VD CSP含)クリア経験がない。昔はバー無し限定だったが歳になって辛いのでバー持った。

最近のDDR面白いんですよね。昔からゲームとして好きじゃねぇよとは言ってるんですが、X2くらいからずっとこれは良いゲームだ、という状態になってます。

ロードマップというか、「かつて抜けてた」難易度というのがなくなっていて、譜面的にも「そういうことさせるか!」という発見も多くなってます。

曲数==ステージ数が潤沢なのがとりあえず「良い」です。

昔はつまらない譜面を無理やりやらないと上手くならない面があったんですが、今は無視できます。振り返って後で踏み直すと、今度は成長してるので苦痛も少ない、ということも有り得ます。

ゲームというのはどこか「自分の成長物語」として語りたい部分があると思います。そういうとき、「これやってないの!?」って言われるのはストレスになることがある。自分が好きなルートで好きに成長物語を語るのは楽しい✌('ω'✌ )三✌('ω')✌三( ✌'ω')✌。

なので昔やっていた人はむしろ今のほうがDDRは楽しめるでしょう。かむばーっく。

というところまで書いた上で……

DDRはもう個人的にはおすすめできないゲームになってます。というか割とコナミの音ゲー全体がそういう感じ。

まず曲数水増しというか、「金を払え」的な曲が増えてきました。

もういいよってくらい新曲が入ります。プレイ数が少ないと、自分の成長に投入するよりも、新曲試すプレイ数の方がどうしても相対的に多くなる。それらの曲を納得できる精度でプレイ出来るようになるまで、地味にクレジットは投入する。そこで投入した分で、もっと上級を目指すとかしたいところ、足を絡み取られてしまうわけです。

#ていうかね、まさか新曲導入をまさか喜ばなくなるとは昔は思わなかったんだけどね

「自分の成長物語」を描く上で曲数が「多い」ことはありがたいんですが、訓練中にひっきりなしに新曲が入りまくって「解禁あるよ」は、個人的には邪魔です。しかもそれがご当地アイドルとかコラボとか言われて「あー、金動いてる」って見えるのが、超、癪です。

知り合いから「まだ解禁してないんですか!」って言われるのがつらいです。で、がんばってなけなしの時間で解禁するんですが、解禁したとしてその曲でしか得られない新しい経験値っての、ほとんどないのです。最悪なのは覚えるだけのやつですね。ソフランは酷い。そして数が多い。

#歳になると目が慣れるのも遅くて未だに猿低速地帯がつらい。

ゲーセンに毎日入り浸っているレベルの人なら喜ぶに違いなく、ですが、特に中級くらいの人が成長するのを逆に阻害させるレベルで曲が導入されている感じがします。あ、上級者の方々においてはもう読むのはやめなさいやめなさいったら

ある知り合いに「で、17・18クリアは進んだ?」って聞くわけですけれど、新曲の解禁という作業ゲーでは、そういう対策、つまり面倒な踏み踏みの練習みたいなのは無理なわけです。

たまには17とか積極的にやろうぜ、と言った矢先にですね、新曲が10曲増えてんだこれが……

# プレイヤーによってはここでAAA〜PFCという方向性に行く方もいます。ただ、ここで話題にしている知り合いはクリアラーで上級曲指向が強いのにこういうプレイになってるのが納得いかんわけですね、個人的に。

自分が相対的に歳食ってから成長出来た理由の一つはX3とか出てる時期にX2しかやる機会がなくてプランニングだけは立てやすかった点はあると思うんです。これが新曲まみれだと、プランよりは「刹那的」 (ゲーム自体刹那的だが) な新曲プレイが多くなるので、多分今ほどもスキルはなかったでしょう。

あー、ウザいですね私。古参はこうして徐々に老化だけ進んで昔出来たこともできなくなりますので、古株は滅びろという一言で一つ納得していただきたく。最後まで読了ありがとうございました。

#なお最近は上手くなる物語自体がウザがられる傾向もありそうなので余計にウザいですね私。すきにやらせろよばーかヾ(๑╹◡╹)ノ" って声は甘んじて受け入れます。

このブログの人気の投稿

WiiUのコントローラが通信不良に陥った話

LibreOfficeで表紙、目次、本体でフッターのページ番号のスタイルを変える

技術書典2 あ-03 『もわねっとのPythonの本』