きんしゅ

昨日の会におきましては、みなさまお疲れ様でした。

それはともかく、明らかに不適切な飲み方をしまして、死にかけて帰ったところ体調不良で当該の会を欠席した妻に大いに怒られました。申し訳ございません。

m(_ _)m 申し訳ございません

ほんと良く自分でも帰れたなというレベルでした。S兎馬氏を笑ってる場合ではないレベルで尋常じゃない酔い加減でして、明らかにまずったなぁと反省中です。

ただ、飲み過ぎについて自分的にもっと気にしているのは、今回の単発のミスそのものじゃないのです。言ってみれば酒関連で「ヒヤリハット」増えてるよな、ということに危機感を持ってます。



飲み過ぎて帰宅も困難になりかねなくなったケースは、昨日の件も含めてトータルでは自分の人生で3回起きてます。

そうでなくても割と翌日後悔するレベルで飲んでしまったことはあるんですが、帰宅に困難を感じ、途中でトイレに突入しなければお好み焼きだぞ、という恐怖を感じつつ電車に揺られてあやうく降りる駅を見逃しそうになる、みたいな状況は3回です。初回は成人式です。

そして残り2回はここ数ヶ月に集中してます。言ってみれば20代で最初除けば1度もなかった異常事態が妻と付き合い始めてからは妻は2回ほぼ連続で見てるので、

そりゃぁキレるわ。

m(_ _)m 申し訳ございません

「浮かれてる場合じゃない」とかいうそういう話を越えていて、今回ばかりは自分としても実際「不安」じゃなくて「危機」を感じます。あ、はい、家庭の危機も含めて。

昨日について言うと、暇なときに明らかに「妙な」ペースで飲んでるのが振り返ってみて思い出されます。缶を開けるとかそういうのは覚えてるんですが、それを口に含めて飲んだ記憶自体はない。話してたりするときになくなってるのですね。水みたいに日本酒飲んでる感じです。

これは怖い。吾妻ひでお『アル中病棟』のアル中の飲み方に少々近い印象を持ちます。

でま、本当に依存症なら、どの飲み会でも異常な飲み過ぎになるはずですが、先日の別の飲み会では一切そういうことはありませんでした。自宅で飲んでるときになることもありません。依存症というにはまだ「浸かりきってない」感じです。ほっ

飲酒量を「自覚」できている時は大丈夫のようですが、「自覚」出来てない状況だと、他人に言われようがなんだろうが止まらない、というか「止めない」のですよねぇ。

昨日も「このおっさん飲み過ぎてるわぁ」とわかめにさんざん言われた記憶があるんですが、飲んでる状態で危機意識が発生しない。

むしろ昨日は「これは明日後悔するなー」と自分で言って、そんで飲んでいた気がしますし。帰れよ妻不調だぞ、という某氏のツッコミについても冷静に受け止めてたんです。が実際どういう回路が回っていたんだか分かりませんが帰りませんでした。

m(_ _)m 申し訳ございません



ぺろ……これはS兎馬の味!

自分で自分をコントロール出来ない状況というのがアレでアレなんですが、メタな理由が全く思いつかないわけでもない。書いてませんが結婚だけでなく単純に環境が変わりすぎていて、多分自分的に色々追いついてないんでしょう、という自己分析はあります。

ここで書くと完全にみっともない言い訳です本当にありがとうございました。

環境に自分が追いつく必要があるのはもちろんですが、それまでの間はアンコントローラブルな状況を生む要因自体を断ち切る必要を感じます。

ということで、そういうわけで長くなりましたがしばらくお酒は控えることにします。
(解禁宣言についてはブログに書く予定はございません)

このブログの人気の投稿

WiiUのコントローラが通信不良に陥った話

LibreOfficeで表紙、目次、本体でフッターのページ番号のスタイルを変える

技術書典2 あ-03 『もわねっとのPythonの本』