アレの雑感

特にTwitter以降フラットに情報を共有される時代になったなぁと思いつつ、色々眺めていると、色々な空間に見えない壁を感じる。壁に囲まれていることに気付かず、その見えない壁の外の現象に辟易しているみたいな人々の発言を見る機会も増えた。本当の問題は壁そのもので、壁を立てるのに加担したのは中の人々。でも壁自体は見えてないから、加担の事実からは事情を汲み取れない。あるいは一部、分かっていてやっている節もある。見えないものはないもの。未知の未知を捉えるのは難しい。

マイナスサムだと、人は虚勢からの勝ち枠ゲットが大事と認識するようだ。勝ち枠が大事で全体のコントロールは不可能と見る。ま、プラスサム時代にもコントロールできていたわけではなく、文字どおり人はお立ち台で踊っていただけだった気もする。そういう意味では9割の人は乗らされているだけとも読める。残り1割のうち9割は分かっていて選択して、波に乗る。最後の人だけで戦うのは……辛かろ。

何書いてんだか分からなくなってきたから止め。

このブログの人気の投稿

LibreOfficeで表紙、目次、本体でフッターのページ番号のスタイルを変える

WiiUのコントローラが通信不良に陥った話

技術書典2 あ-03 『もわねっとのPythonの本』