東方紺珠伝 完全無欠モード Normal クリア


  • Normalから弾幕がLunatic級
  • チェックポイント制「完全無欠モード」がデフォルト。小刻みの死に戻しで4.00攻撃力MAXに対して死亡時デメリットは攻撃力 -0.01 (MAX -0.50で以降デメリット無し)。ほぼ無制限でやり直し可能という意味。
  • すなわち「東方アイワナ伝」
  • スペルプラクティスがない
小刻みに進めてNormalクリアに1週間 (一日辺り30分未満とかそういう感じ) くらいかかった。以前のように6面通してプレイする時間自体が貴重なので「アイワナ化」は助かるっちゃ助かる。ただ、この完全無欠モードはルールの関係もあってリプレイを残せない。

今までの気分でNormalやってると「(゚Д゚)ハァ?」という弾幕がボコボコ来るので動揺する。レガシーモード(いつものルール)でもプレイできるが、Normalもクリアできる気がしない。50回死んでようやくパターン掴めてきて100回越しで攻略した「グレイズ・インフェルノ」とか、気分的にはどうみても従来基準で言うNormalではなかった。

#リプレイ動画とか見ると簡単そうなんだが、高速移動と低速移動のバランスを崩すとあっという間に潰されるのだよ……

スペルプラクティスがないのがどうもExtraに響くようだ。Extraは今までのルールなので、スペルプラクティスで個別スペルを抑えていく事ができないとなると、今の生活リズムでは時間的にクリア出来ないかもなぁと落胆。

東方にしては珍しくシナリオがマジ寄りな気がする。いや、だからシリーズ史上最高難易度とかいう煽りが成立するらしいんだけど。

個人的なおすすめ度としては「忙しくなった元東方プレイヤーにはまぁまぁオススメ」くらい。完全無欠モードは途中再開の障害も少ないので俺みたいなじじいにとっては悪く無い試みに思えた。ただ、スペルプラクティスがないのは個人的には最大レベルのカナシミ。

このブログの人気の投稿

WiiUのコントローラが通信不良に陥った話

LibreOfficeで表紙、目次、本体でフッターのページ番号のスタイルを変える

技術書典2 あ-03 『もわねっとのPythonの本』