告知: 技術書典で「もわねっとのSAML同人誌」を頒布します (サークルもわねっと B-05)

https://techbookfest.org/

SAMLというのは一部界隈で使われるいわゆる「認証」技術の1つです。今回は試みの1つとして、同人誌として一冊出してみることにしました。

  • 内容は筆者の復習を兼ねた「SAML入門」的な内容と「Shibboleth IdPをv2からv3へ移行するときの話」の二点です (章の名前は違います)
    • 他にもネタがあったんですが時間がたりませんでした orz
  • 表紙併せて20pの中綴じ本です。20部刷ります。一冊500円です
    • 全部売れても綺麗に赤字です。てへっ
  • 「技術書典」運営提供のPODシステム全てを使います。
    • 当日売り切れても配送料払えば買えます。
  • 内容の巧拙については同人誌という媒体でもあるのであんまり厳しい目で見ないで頂けると、嬉しいなぁ。頑張って調べたけど。

イベント「技術書典」のスタッフも兼ねているんですがそっちが色々と大変で、告知と準備が遅れに遅れました。もし告知タイミングのせいで「買いたいのに買えない」みたいな方がいたら教えて下さい。もし余らなかったら、その分刷っておきます。

今回は普段参加させてもらっているサークルTechBoosterへの寄稿ではなくあえて「サークルもわねっと」で出しているのにも一応理由があるんですが、それは後日。

このブログの人気の投稿

WiiUのコントローラが通信不良に陥った話

LibreOfficeで表紙、目次、本体でフッターのページ番号のスタイルを変える

技術書典2 あ-03 『もわねっとのPythonの本』