諏訪

Android開発者つながりで行った。一泊二日。細部は大幅に端折った。

泊まったのは諏訪大社の秋宮隣にあるホテル「山王閣」。昭和的風情の普通の旅館。

旅館

諏訪ではまだ桜が咲いていた。


これは二日目青柳駅前

チェックイン後、昼飯。地元の「桜まつり」という催しの屋台で食った。特に蕎麦が美味かったと思う。油淋鶏ならぬ油淋鯛もなかなか。

土産屋には諏訪子ではなくて諏訪姫のグッズが売っていた。

何故かスク水バージョンフィギュアもある

昼飯後、上諏訪へ移動して酒造めぐりへ行く。ちなみに上諏訪駅の構内には足湯があった。

酒造めぐりでは、ほぼ隣接している5つの酒造で日本酒を呑み歩ける。徒歩で全体通して10分範囲以内だと思う。次の酒造が出てきた酒造の目の前にあったりする。

二日目に行った春宮の樽
今回行った酒造の名前もある

生酒や原酒を本醸造等と「何回も」飲み比べる機会を得られるのは大変勉強になった。廻った酒造の中には「真澄」などのように東京でもよく見るものが複数あった……らしい。

酒造一店舗あたりに飲む量が結構多く、代わりに初日の夜の宴会はぐだぐだになってしまった。生ハム原木もあったのに、少々もったいない。

こういうのを5回やる

夜は雑多な話をしたが、気づいたら人のKindleで『シドニアの騎士』を読んでいた。

翌朝、温泉も楽しみつつチェックアウト。春宮へ参拝し、万治の石仏の周りを三回廻ってワン廻る。

そのあと参加者の提案で青柳に鹿肉の料理を食べに行った(「匠亭」)。こちらも大変美味しい。酒も進んだ。

あからさまに食べ過ぎ・飲み過ぎだが、まぁいいや。

諏訪大社の絵馬に描かれた帽子

今回採集したAndroidというかモバイルというか色々についての情報は省く。


このブログの人気の投稿

LibreOfficeで表紙、目次、本体でフッターのページ番号のスタイルを変える

WiiUのコントローラが通信不良に陥った話

技術書典2 あ-03 『もわねっとのPythonの本』