Tech Institute第二期の締め切りが11月12日だと聞いて

http://techinstitute.jp/

ついでなので宣伝をしますね。

テーマがAndroidということもあって「ツールとか無料なんだから自力で出来るやろ」という意見はもちろんあるんです。しかし、実際に初学者や別分野の人がやり始めてみると、そうとも言えない事情が予想以上に多いんだよなぁ、と見てて再認識してます。

演習中、私が補助講師として手伝っていると、私ならすぐ分かるバグの対応に、初学者にはミラクルに見えるような操作がどうしても出てきます。

例えば、スペースに間違って全角スペース使ってしまったとします。開発環境によってはこの挙動に対応して特有のエラーメッセージが出るのですが、こんなん一目じゃなかなかわからんのです。「パルスのファルシのルシがパージでコクーン」みたいなエラーを出すんですよね。

ホワイトスペース(プログラミング言語)生で打たせたくて授業してんじゃねーの。当然ですが、そんなエラーメッセージに反応できる体にするために、みなさま授業受けてるわけではない (結果的には、文字コードみたいな話も授業で出てくるわけですが)。アプリ開発ですからね、目標は。

# 等幅文字列の文字がうまく並んでいないことから気づいたんです。

入門本の通りにやったけど出来ない、とします。入門本の通りにやって、実際、出来ないんですよ。SDKのバージョン変わってたりするとね。


そんな初学者的に冒頭どーでも良い制約から即座に開放されるには、知り合いに頼むか何か横に補助つけるしかねーんじゃね、と思うことが多いです。特に初学者でやる気があるというのであれば、なおさらです。

上記の講義は講師・補助講師の厚みが十分なので、安心感はかなり大きいかなぁと思ってます。受講生アンケート等をしっかり見てないので、あくまで立場的には「主観」で言いますが。

易しすぎるかというと……結構内容面では盛りだくさんです。2期でもこの辺りがものすごく変わることはないでしょうから、個人的には他の言語で中級、みたいな人でも応募してみてはどうかなぁと思います。応募者多数の場合に受かるかどうか、とは、残念ながら別なんですが。

宣伝でしたよ。


このブログの人気の投稿

LibreOfficeで表紙、目次、本体でフッターのページ番号のスタイルを変える

WiiUのコントローラが通信不良に陥った話

技術書典2 あ-03 『もわねっとのPythonの本』